歯並びが悪いのが気になっていて矯正治療を検討する方が、矯正治療の器具を取り付けるといかにも、と治療に踏み切る決断が鈍ることがあります。
いくら歯並びを良くするためにとはいえ2年から3年はかかる矯正治療ですから、その間あのごついワイヤー付きのブラケットは嫌という方は裏側矯正という方法があります。
この方法で歯科矯正をおこなえば、目立つこともなく治療を行うことが出来ます。
治療中にも見た目を重視したい方にお薦めの矯正方法です。
この治療方法には表側の矯正よりも虫歯になりにくいというメリットがあります。
歯の表面が表より裏ではそのエナメル質の量が3倍ほど厚いという特徴があります。
通常の治療法よりは多少費用が掛かりますが、長い期間のの治療を考えればこちらを選ぶのも良いでしょう。