シニア世代になってくると室内だからといって、安全な環境を確保できるとは限りません。
若い頃は気にも留めなかったところが、危険な場所となります。
たった1センチの段差が、躓くポイントになり、ちょっと急な階段が滑り落ちるポイントとなるのです。
シニア世代になっても幸せな暮らしが今の自宅でできるように、大阪の業者にリフォームの相談をしました。
大阪ガス住宅設備株式会社という会社に相談したのですが、とても感じのいいスタッフの方が対応してくれて、よかったです。
住み慣れた家を離れるのは嫌だし、全く別のものに変えてしまう建て替えも嫌だと思う方は多いのではないでしょうか?
リフォームなら同じ場所で、どこかしら前の家の名残を残すことだってできます。
安全に暮らせるように段差をなくし、短い動線で家の中を行き来できるように配置を変えてみたり、いろいろと工夫をすることで家の中が安全になります。
皆さんのアイデアのおかげで、我が家が見違えるように変身しました。