外壁はビル・マンションにとって命ともいえるものです。
もちろん一般的な住宅にとっても外壁の綺麗さは重要なポイントですが、前者の二つは「オーナー以外の人が暮らす空間」として使用されます。
外壁が汚れていたり問題を抱えていると、それを理由に住人が引っ越すケースも考えられるのです。
そこで考えたいのが外壁チェックや外壁塗装ですが、マンションやビルは高さがあるので、足場を組むスペースはあっても組合からの出せる予算の幅を超えていたり、住民の中には足場が組まれる事で外観の悪さや防犯を気にする人も出てきます。
そんな時に頼りになるのが、無足場工法です。
足場を組むスペースがない場所で活用される工法ですが、なんと60センチ程度の隙間があれば問題がなく作業が行えます。
ただ無足場工法を提供してくれる業者はまだ少なく、知っている限りでは東京や埼玉で営業をしているケイズクラフトの得意分野です。
ビル・マンションの価値をずっと高いまま維持したいオーナーさんにとっては覚えておきたい業者でしょう。