江戸前の握り寿司は手で食べるのが本来のマナーという話を聞いたことがあるでしょう。
和食のマナーに手で食べるというものはほとんどなく、基本的にはお箸を使って食べるというのがマナーですが、お寿司になると意見が分かれます。
もちろん、和食のマナーでも時と場合により例外があることも多々あるでしょう。
結局のところ、握り寿司の食べ方というのは和食のマナーの中では例外的な存在といえるのかもしれません。
お寿司の食べ方については、どこで食べるのかという事も大きく関係するでしょう。
出前のお寿司を注文して家族団らんを楽しむような時は、正しいマナーというよりも家族揃って楽しく食事をする事の方が大切です。
そういう時は、宅配専門寿司のお店「銀のさら」に出前を頼むとよいでしょう。
岡山でしたら北区奥田の「銀のさら岡山奥田店」や、北区津倉町の「銀のさら奉還町店」、倉敷市笹沖の「銀のさら倉敷笹沖店」から出前してもらえます。
握り寿司のおいしい食べ方は、醤油の使い方が重要です。
せっかく「銀のさら」からおいしいお寿司を注文しても、シャリを醤油に付け過ぎてしまっては台無しになってしまいます。
家庭でお寿司を食べる時は、楽しい雰囲気の中でおいしい食べ方を子供達に教えるよい機会とすることができるでしょう。