本来、結婚・離婚は所定の用紙に記入し役所に提出し受け付けてもらえれば手続きは完了、と単純なはず。
が、世の中、すんなりとはいかない離婚があり、自分達で解決が出来ない場合は仲介に入って頂く。
大抵の場合は、それを仕事にしている法律の専門家、弁護士に依頼します。
前述したとおり、結婚も離婚も書類一枚で済む単純な話。
双方で話が付けば、弁護士に依頼してやってもらう手続きは無いのです。
弁護士を依頼するということは、自分の権利や資産・財産を確保するためと言う他ないでしょう。
目の前の、そして将来の確約が欲しい。
例えば、夫婦の間に子供が居る場合、その親権が欲しい。
さらに養育費も確保しつつ、旦那(妻)とは別居したい、など。
裁判ともなればどちらがどれだけ悪いかの判断を委ねるために、相手の不利になる様なことを並べ立てる・・・自分の利益を守るため、結婚したまでの相手を第三者(弁護士や裁判所の役人)の前で罵る。
第三者だけでなく、かわいい子供の前でもそうするのかも知れない。
現実問題として、自分や子供の将来は不安でしょう。
嫌いになってしまった相手と無理に結婚生活をする必要もないとは思います。
弁護士は法律上の煩雑な手続きや、目に見える財産や所有物の分与はしてくれます。
絡み合った欲の糸をほぐしてくれるお手伝いをしてくれる、その位の気持ちで依頼するぐらいが良いのではないでしょうか。
ほとんどの場合、離婚に至った経緯の中で、お互いに自分のことだけしか見ていなかったということが離婚理由の最大の原因でしょうから、最後の最後までそれに気付かないと、法律家に手続きを依頼したところで、本当の解決にはならないのではないでしょうか。
離婚するなら、すっきりと晴れ晴れとした気持ちで。
それがなければ、それから先の幸せな生活はないのではないでしょうか。くわしくはここをクリック!